季節行事

出雲の神々が集う神秘の祭り「神在祭」とは?その魅力を徹底解説

1. 神在祭の概要

神在祭とは何か

 神在祭とは、毎年旧暦10月に出雲地方で行われる重要な祭りの一つで、全国から八百万の神々が出雲大社に集まります。

この時期は旧暦10月10日から17日まで続き、多くの人々が参加します。

神在祭の期間中、稲佐の浜で神迎神事が行われ、それに続いて出雲大社で多くの儀式が執り行われます。

神在月と全国の神々

 旧暦10月は「神在月」と呼ばれ、特に出雲地方では神々が集まる月として知られています。

これは、日本全国から神々が出雲に集まり、神議り(かむはかり)などの重要な決定が行われるためです。

神在月の期間中、神々は出雲大社や各神社に滞在し、神在祭の一環としてさまざまな神事が執り行われます。

これにより、人々の縁や生活に関する決定がなされると信じられ、多くの参拝者が集まります。

2. 神在祭の歴史

神在祭の起源と伝説

 神在祭の起源は非常に古く、その歴史は神話の時代までさかのぼります。

この祭りは、全国の神々が出雲地方に集結し、人々の縁や生活に関する決定を下すという伝説に基づいています。

旧暦10月は出雲地域では「神在月」と呼ばれ、他の地域では神々が不在になるため「神無月」と呼ばれます。

特に重要なのは、稲佐の浜で行われる神迎神事で、この儀式が神在祭の始まりとされており、神々を歓迎するための重要な儀式です。

神在祭の変遷と発展

 神在祭は古くは15日間行われていましたが、現在は旧暦10月の11日から17日までと期間が短縮されました。

このような変遷を経ながらも、祭りの基本的な構成や意義は変わらず受け継がれています。

過去には非常に高い神聖性を持つ行事として地域社会に深く根付いていましたが、現代でも多くの人々がこの祭りを訪れ、神々との交流を深める場となっています。

 神在祭のスケジュールは、具体的には神迎神事(10月10日)、神在祭(10月11日、15日、17日)、神等去出祭(10月17日、26日)といった形で行われます。

この間、出雲大社や上宮、十九社などの神社ではさまざまな神事が執り行われ、神々が休まれる場所として大切にされています。

3. 神在祭の主要な神事

神迎祭(かみむかえさい)

 神迎祭(かみむかえさい)は、全国の神々が出雲地方に集まる旧暦10月10日に行われる重要な神事です。

この神事は稲佐の浜で行われ、神々を迎えるための儀式が執り行われます。

稲佐の浜で行われる神迎神事は非常に神聖で、地元の住民や多くの参拝者が集まり、厳かな雰囲気の中で執り行われます。

この日を皮切りに、神在祭が始まります。

神議り(かむはかり)

 神議り(かむはかり)は神在祭の期間中に出雲大社で行われる神事の一つで、この期間中、全国の神々が集まり、人々の縁結びや世の中の重要な事柄について議論するとされています。

この神議りにより、来年の収穫や祭りの日程などが決定されると考えられています。

古くから伝えられているこの風習は、現代でも多くの人々の信仰の対象となっており、神在祭の中心的な行事となっています。

神等去出祭(からさでさい)

 神等去出祭(からさでさい)は神在祭の終わりを告げる神事で、旧暦10月17日と26日に行われます。

この神事では、全国から集まった神々が再び各地へ戻るための儀式が行われます。

特に出雲大社の境内で行われる儀式は多くの参拝者が訪れ、神々を見送るために訪れます。

この神等去出祭が終わると、出雲地方における神々の滞在が終了し、神在祭も終了となります。

4. 神在祭の見どころ

稲佐の浜での儀式

 神在祭の見どころの一つである「稲佐の浜での儀式」では、全国の神々が出雲地方に集まる神迎神事が行われます。

この神迎神事は旧暦10月10日に行われ、稲佐の浜で神々を迎える儀式が執り行われます。

この儀式は夜に行われるため、神々が海から現れる光景が神秘的で、多くの参拝者や観光客が訪れます。

参加する際には、静かに見守り、礼儀を大切にすることが求められます。

出雲大社での祭典

 稲佐の浜での神迎神事の後、神々は出雲大社に移動し、神在祭が続きます。

神在祭は旧暦10月11日から17日まで行われ、特に注目されるのは11日、15日、17日の儀式です。

出雲大社の本殿や上宮、十九社で行われるこれらの儀式には、多くの神職が参列し、神々の休憩の場が設けられます。

また、この期間中には「神議り(かむはかり)」という重要な神事が行われ、人々の縁や生活に関する決定がされると信じられています。

神事の際には静かに見守り、厳粛な雰囲気を尊重することが大切です。

5. 参加方法と注意点

祭りの開催時期と場所

 神在祭は旧暦の10月にあたる時期に行われる重要な祭りです。

具体的には、旧暦10月11日から17日までの期間で、多くの神事が執り行われます。

この間、出雲大社を中心に、さまざまな神社で神々が迎えられ、その後、縁や生活に関する神議りが行われます。

訪問する際には、事前に日程を確認し、適切なタイミングで訪れることをおすすめします。

訪問時のマナーと注意事項

 神在祭に参加する際には、いくつかのマナーと注意事項があります。

まず、神事中は静かに見守ることが重要です。撮影や大声での会話は控えましょう。

また、出雲大社をはじめとする神社では、正式な参拝作法が求められます。

出雲大社の祭事についてのガイドが配布されているので、それを参考にすると良いでしょう。

特に、お清めや礼儀を守ることが尊重される環境ですので、訪問前に事前に公式情報を確認しておくことが大切です。

6. まとめ

神在祭の魅力と意義

 神在祭は、旧暦10月に出雲地方へ集まった全国の神々が出雲大社にて行う神事です。

「神在月」とも呼ばれるこの時期には、神々が人々の縁や生活に関する決定を行うと信じられています。

神在祭の最大の魅力は、日本の神話や伝説に深く根ざしており、古代から続く悠久の歴史と神秘的な雰囲気です。

また、神迎神事や神議り、神等去出祭などの主要な神事が独特な儀式で行われ、一見の価値があります。

訪れる価値のある理由

 出雲大社での神在祭は、その神聖な雰囲気と厳粛な儀式の数々が魅力で、多くの参拝者や観光客を引きつけます。

特に、稲佐の浜で行われる神迎神事や、出雲大社での神在祭は、古代から続く伝統を肌で感じることができます。

さらに、神在祭の期間中は出雲地方全体が特別な雰囲気に包まれ、訪れる人々は深い感動とともに心に残る体験を味わうことができるでしょう。

また、出雲大社は日本有数のパワースポットとしても知られており、訪れるだけで心身の浄化やパワーアップが期待できます。

-季節行事